白井克典、雑感。

Archive for 8月, 2011

けなげ組2

一昨日、名古屋へ向かう新幹線の中、私の隣の席に座っていた男性が 例の亀田製菓の「柿の種」を取出しました。パックの裏に書かれた「けなげ組」に気付くかなと思って見てたら、しっかりそこを読み缶ビールを片手に、にこっと笑顔を見せてくれました。 この「柿の種」を愛する私も幸せな気分になりました。


Read the rest of this entry »

ハレとケが換わる

私の処女作で25年ほど経つ「豊田の家」の改修をしました。 生活しながらの工事だった為、半年近くかかりましたがとても楽しい空間となりました。 当初は、ハレとヶを明確に分けハレを中心とした家造りをしましたが、25年経過して世代が変わり,日常生活を中心とした家に生まれ変わったのです。 10帖と8帖の和室と畳敷きの広縁の内装をそのままにして、リビング ダイニングとアイランドキッチンをレイアウトしました。 近いうちにブログでも紹介したいと思ってます。


Read the rest of this entry »

林雅子アーカイブス

林雅子の膨大に残された設計資料を、多くの方に見ていただこうと企画した展覧会の開催日程が決まりました。 2011年10月1日から15日まで 中央工学校 100周年記念館RIse ギャラリーにて 中央工学校の御協力をいただきましてこの企画が実現します。 只今展示内容など検討中ですが、今までに公開された事のなかったものをメインに展示したいと考えています。


Read the rest of this entry »

けなげ組

けなげな話。 亀田製菓の6パック入りの「柿の種」パックの裏に「けなげ組」の小話が書かれている。 これを読みながら缶ビールを飲むと、最高の癒しを感じられる。今日の癒し、けなげ組 の話は、「うす」。 そりゃあ、ボクのお役目は心得ているし、年に何回も出番はないんでからガマンはするけどさあ。 くそ熱い餅米を入れられて、これでもかってドスン、ペッタンとどつかれる。頭痛薬の1つもほしいヨナ。 あげくはガラス置かれて民芸風テーブル… ここに書かれたイラストがいかにも、けなげで。  柿の種、おすすめです。


Read the rest of this entry »

モダンリビング

8月に発売されるモダンリビングに、林雅子の作品が掲載されます。 藤森照信氏の「あの名作住宅をふたたび」という特集で、林の「内部に外部をもつ家」が紹介されます。 取材に私も参加しましたが,クライアントはたいへんこの家を大事にしており、30年近くもたった住宅とは思えないほど、しっかりとしていました。 写真は藤塚さんが撮りましたので、今まで発表した写真とは違って、とても興味深いものとなりました。


Read the rest of this entry »